アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>ステロイド剤を使う際の注意点>どんな時に薬(ステロイド剤など)で治療するか?

どんな時に薬(ステロイド剤など)で治療するか?

ご存知のとおり病院でアトピーの治療といえばステロイド剤を使っての治療がほとんどです。 アトピーの患者さんでこのステロイド剤を利用したことがない人はまずいないのではないでしょうか。

では実際ステロイド剤を含めた薬は、どのような時に利用した方が良いのでしょうか?

ステロイド薬について

ステロイド剤は皮膚に湿疹など炎症がある時など、皮膚に塗ると非常に効果を発揮します。 ステロイド剤は処方する病院、医者がステロイド剤の使用方法、使用量を間違えなければ副作用もそれほど心配なく利用できると思います。

ステロイド剤が怖いというイメージがあるのは副作用だと思いますので、これは処方する病院の医者が正しく使用方法、使用量を理解していればそれほど気にしないでも大丈夫だと思います。

あとは医者に言われたとおりの分量を使用して、自分で勝手に分量を多めに利用しないよう気を付けて下さい。

このステロイド剤ですが、先にお伝えしたとおり、皮膚に湿疹など炎症がある時使用すると非常に効果を発揮しますが、特に皮膚に炎症がなく、ただ肌が乾燥していてかゆいだけの時などは、自分にあった保湿剤や保湿化粧水を使いましょう。

ステロイド剤の副作用が実際少なかったとしても、絶対に副作用がないとはいいきれません。

また、いつまでもステロイド剤で無理やりかゆみを抑えつけていても、アトピーを根本的に治すことはできません。 これは他の記事でも何度もお伝えしていますが、アトピーは皮膚だけでなく、腸など体質的な問題や、住んでいる環境などが影響しています。

このステロイド剤は病院から言われた分量を守って、皮膚に湿疹など炎症がある時使用すると良いと思います。

そして、いつの日かこのステロイド剤を塗らなくても良いようになるために、体質改善、環境、日々のケアを同時に行っていくと良いと思います。

内服薬について

私が中学生の時、アトピーがひどかったため、良い病院が新宿にあると聞いて、実家の横浜から新宿まで毎週末一人で電車で通っていました。 その頃毎回処方されていたのがこの内服薬です。

かなり昔のことなので、あまり詳しく覚えていませんが、この内服薬の副作用で、顔がパンパンに腫れていたことだけは、今でもはっきりと覚えています。

内服薬はステロイド剤など外用療法の補助的な役割で使うことが多いと思いますが、私のように副作用が出ることもありますので、合わないようでしたら、医者にその旨を伝えて、処方する薬を変えてもらうなどしてもらった方が良いと思います。

内服薬はかゆみの抑制のために使われることが多いと思いますので、医者の指示で必要との判断であれば、かゆみがひどい時など使用する必要もあるかもしれません。

ただし、この内服薬もステロイド剤同様アトピーを根本的に治すものではありませんので、『薬を飲めば治る』という考えはやめて、自分の体質を改善するため日々の食事などに注意することが大事です。

私がこの内服薬を飲んでいた頃、まだ中学生だったため、薬を飲んでいれば治ると勘違いをしていました。結果お分かりのとおり、この内服薬でアトピーが治ることはありませんでした(むしろその逆で、ひどい副作用に悩まされました)。

この薬の治療だけに限らず、同じ治療薬や同じ治療法においても、自分自身で治療を行うより入院治療した方が改善する傾向があるのはご存じでしょうか?

これは毎日の食事、環境などがすべて変わることで改善しやすい傾向があるからだと思います。

『良い薬があれば治る』と期待しているよりも、自分の毎日の食事や環境などを改善していくことが、アトピーを改善する一番の近道だと思います。

また、私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。