アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピーの治療について>ステロイドを使った治療について

ステロイドを使った治療について

病院でのアトピーの治療といえばステロイド剤などの外用薬を使った治療だと思います。 ステロイド剤は皮膚がすでに炎症している時などに非常に効果的に皮膚を治療できるため、非常に有用な治療法だと思います。

しかし、ステロイド剤などの外用薬は皮膚炎を抑え込んでいるだけで、アトピーを根本的に治しているわけではありません。 まずはこのことをしっかりと理解することが必要だと思います。

私は赤ちゃんからアトピーだったため、子供の頃などは病院に行って薬を処方されれば、『この薬を塗り続ければアトピーは治るんだ』とずっと信じていました。

結果はお分かりのとおり、アトピーを完治することはありませんでした。 ただ、実際炎症している時などにステロイド剤を塗ることで緩和することはありましたし、 皮膚炎の広がりを抑えてくれることもありました。

ステロイド剤を利用すると良い時

アトピーが悪化して皮膚の炎症がひどい時などは保湿剤や化粧水を利用するよりも、ステロイド剤を利用した方が効果があります。

ただし、ここで気を付けなければいけないことは、処方してくれた病院のお医者さんの指示通りの分量、使用頻度を守り、 決して自分の判断でステロイド剤の使用方法を変えないことです。

また、病院で診察してステロイド剤を処方された場合、炎症の度合いなどで処方するステロイド剤の強さのレベルをお医者さんが決めることになると思いますが、 炎症の経過などによって処方するステロイド剤の強さのレベルを強くしたり、弱くしたりするので、ステロイド剤の使用方法については、必ずお医者さんの指示通りに利用して下さい。

ご存じのとおり、ステロイド剤を利用し続けることに関しては、副作用が絶対ないというわけではありませんので、 出来る限り使用したくない気持ちはわかりますが、炎症がひどい時などはステロイド剤を利用した方が良い場合がありますので、使用方法を間違えなければ、そこまでステロイド剤に拒否反応を起こす必要はないと思います。

それでもステロイド剤はアトピーを根本的に治すことは難しいと思います。

アトピーを根本的に治療するには、このサイトで何度もお伝えしているとおり、自分の生活習慣を変えることが一番だと思います。

ステロイド剤は炎症がひどい時には活躍しますが、アトピーを根本的に治すことは難しいと思います。 実際私は赤ちゃんの時にアトピーを発症して以来20年以上の間、このステロイド剤による治療をし続けていました。

恐らくアトピーに悩み続けている方のほとんどがこのステロイド剤による治療を続けているのではないでしょうか?

ステロイド剤は皮膚炎の広がりを抑えることには非常に有用なことはわかります。 しかしこのステロイド剤を利用し続けてもアトピーが治らないということは、アトピーの根本的な原因を治さない限り難しいと思います。

もし今現在ステロイド剤などの外用薬による治療を続けていて中々アトピーの改善がみられないようなことがありましたら、 ステロイド剤の治療を続けながらでも良いので、当サイトでお伝えしている最も重要な3つのポイントでお知らせしていることを実践してみて下さい。

現在ステロイド剤による治療を続けて治らないのであれば、現在の自分自身の生活習慣などを変える必要があると思います。

私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。