アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>体質改善

日々の食生活の影響について

皆さんは毎日どのような食生活を送っていますでしょうか?

私が当時アトピーだった頃は特に何も考えず食べたい放題、やりたい放題でした。

そのせいか食べ物を食べるとよくお腹を下していました。 実はアトピーの方々は胃腸の調子があまり良くない方が多く、食べ物をいくら食べてもちゃんと栄養素が吸収されていないことが多いのです。

それどころか、腸の役目がちゃんと果たせていないので、悪い有害物質などがきちんと排泄されず、体内に留まってしまい体に悪い影響を及ぼしてしまいます。

これではいくら体に良いという食べ物などを多くとっても、ちゃんと栄養素が吸収されないのですから、効果は薄くなってしまいます。

また、腸(小腸、大腸)には全身の80%もの免疫物質が存在していて、免疫機能は腸によって大部分が担われているのです。

リーキーガット症候群

『アトピーの原因』で説明させて頂きましたが、アトピーを引き起こす主な原因であるリーキーガット症候群(動物性タンパク質や白砂糖の過剰摂取など消化不良を起こしやすい食生活をしていたり、幼い頃抗生剤などの薬をひんぱんに飲んでいたりすることで、小腸が炎症を起こし、通常小腸で吸収しないような大きな分子吸収されてしまうため、体に異物が入ってきたと認識し、反応することでアレルギー反応を起こす)のように腸内環境の悪化がアトピーを引き起こしている大きな原因のため、この腸内環境を整えることは、アトピーを克服する上でとても重要です。

免疫機能の高い良い腸を作ろう

そこでまず体質改善の第一歩として意識して頂きたいのが、ちゃんと栄養素を吸収し、悪い有害物質を排泄し、免疫機能の高い良い腸を作るということです。

そのためにはまず、アトピーの原因となる動物性タンパク質や白砂糖、お酒、加工食品、酸化した油、マーガリンなど体に悪い油などの過剰摂取など消化不良を起こしやすい食生活をやめて(水道水に含まれる塩素も腸内細菌には毒となります)、食物繊維と酵素という栄養素を多くとるというのが必須になります。

詳細は後程詳しくお知らせさせて頂きますが、食物繊維と酵素はどちらも腸内環境を整える重要な役割を担っています。 まずこの二つの栄養素を第一に意識した上で、更に体を構成する栄養素をとっていく必要が非常に重要です。 (補足ですが、料理やサラダのドレッシングなどに使う油もこの二つの栄養素と同じくらい重要です。質の悪い油は避け、質の良い油をできるだけとるようにして下さい)

ではこの食物繊維と酵素を沢山とるにはどうすればよいでしょうか? すでにご存じの方も多いと思いますが、生野菜や果物、生魚、発酵食品などに沢山含まれています。

ここで重要なのは、酵素のほとんどは48度以上で不活性化してしまうので、生のまま食べることが重要です。 私は主に生野菜や納豆などは毎日必ず食べるようにしています。毎回野菜を切るのが面倒な場合などは、妻にお願いして1週間分野菜を浅漬けにして食べています。

そして、必要なこの食物繊維と酵素を沢山摂った上で、日々胃腸をきちんと休ませて、回復させる必要があります。まず一番大切なことは、できるだけ寝る3時間前には夕食を済ませて、寝る前に何も食べないことです。胃の中に食べ物があると、消化するまで早くて2~4時間かかってしまいます。

また、ご飯を食べてから3時間後位までは腸が消化と吸収を行う時間なので、夕食後すぐに寝てしまうと腸の働きを悪くしてしまうので、きちんと栄養の吸収、消化を行ってくれません。 (これは寝つき、安眠にも直接関係することですので、当然ちゃんと睡眠がとれていなければ肌などに悪い影響が出てしまいます。)

また、腸はストレスがかかると腸内細菌が環境が悪くなってしまうので、暴飲暴食は避け、腸をできるだけ冷やさないようにした方がいいです。精神的なストレスも当然影響を受けますので、できるだけリラックスした状況を作れるよう努めた方がいいと思います。

栄養素をきちんと摂り、しっかり運動する

このようにして、まずは腸内環境を整え、必要な栄養素を吸収、有害物質を排泄する良い循環ができる状態になってから、次のステップの必要な栄養素を摂ることが重要です。

必要な主な栄養素としては、エネルギーのものになる炭水化物、脂質。体をつくるもとになるタンパク質、ミネラル。体の調子を整えるもとになるビタミン、ミネラル、食物繊維などがあります。どれもバランスよく摂取する必要があるため、日ごろの食べ物ですべてまかなうことが難しい方はサプリメントなどを利用すると良いと思います。

炭水化物、脂質については、ご飯など主食でとる方が多いので、特に触れませんが、特にタンパク質、ビタミン、ミネラルについては含まれる食品の種類が多様に及ぶため、どうしても1日に必要な量すべてを摂取することがなかなか難しいため、私はサプリメントを利用しています。

タンパク質、ビタミン、ミネラルは腸壁作りに必要な栄養素ですので、アトピーの方には非常に重要な栄養素と言えます。 また、タンパク質、ビタミン、ミネラルが不足してしまうと、お肌に悪影響が出ていしまうので、アトピーの方に限らず、これら栄養素はとても重要な栄養素です。 タンパク質、ビタミン、ミネラルについて簡単に下記のとおりまとめましたので、参考程度に見てみて下さい。

●タンパク質・・・約20種類のアミノ酸から構成され、皮膚、臓器、筋肉や血液などのとても重要な構成成分で、酵素、ホルモンや免疫物質、抗体などの原料としても欠かせない栄養素で、生きていく上で欠かせない重要な栄養素です。

●ビタミン・・・タンパク質、炭水化物、脂質のなど代謝に重要な役割を担い、他の栄養素がうまく機能し円滑にするための潤滑油のような働きをしています。 また、新陳代謝を促すよう、血液や粘膜などを健康に保つ働きがあります。体内で正合成できないため、食べ物から摂取しないと、特有の欠乏症を引き起こしてしまいます。

●ミネラル・・・ビタミン同様タンパク質、炭水化物、脂質のなど代謝の役割を担い、骨や歯などの体の組織の形成や、体の調子を整えたりする働きをします。また、酵素やホルモンなどの構成成分となります。

簡単にこれら栄養素について書きましたが、実際はタンパク質の中には色々な種類のアミノ酸、同じようにビタミンの中にはビタミンA,ビタミンD、ビタミンCなど色々な種類のビタミン、ミネラルであればカルシウムや鉄などこれまた色々な種類のミネラルがあります。

これをすべてそれぞれ説明するとなると、何ページも書くことになりますので、これについてはまた今度詳しく説明させて頂きます。 栄養の取り方で重要なのは、どの栄養素もそれぞれ必要な分とらなければそれぞれの栄養素がちゃんと機能してくれないという点、また同じタンパク質でも取り方によって体に悪い影響を及ぼしてしまう点です。

タンパク質の中には大豆などから摂る植物性と肉などから摂る動物性があります。植物性タンパク質はいくら摂取しても特に問題はありませんが、先に述べたとおり、動物性タンパク質は過剰摂取してしまうと、リーキーガット症候群の原因になってしまうなどアトピーの原因に直接つながってしまうことがあります。 これを注意して肉料理などは控えめに食べた方がアトピーの方は良いと思います。

逆に大豆などの植物性タンパク質は強い腸を作ってくれるので、良質なタンパク質を摂取することは非常に重要です。 また、いくら植物性タンパク質を沢山摂ったからといって、ビタミンやミネラルを一緒にちゃんと摂っていないと、このタンパク質はきちんと吸収、代謝されないため、すべての栄養素をバランスよく摂ることが重要です。

この摂り方については私、また息子にも行っていることがあるので、また違うコーナーでお知らせさせて頂きます。 また、乾燥予防のため、ミネラルウォーターを飲むなど水分補給をしっかりとる

そしてもう一つ重要なのが、運動で新陳代謝を上げることです。 新陳代謝とは、簡単に言いますと、古いものと新しいものを入れ替えることで、体の有害物質(老廃物)排出して、新しい細胞を作り出すことです。 つまり、新陳代謝が上がれば血行が良くなり、お通じがよくなったり、肌の再生が行われることでお肌の調子が良くなったりと、健康が促進されるのです。

具体的な運動としては、有酸素運動:ウォーキングやジョギング、水泳などが効果的だと言われています。 また、基礎代謝(生命を維持する為に必要なエネルギー消費の事)を上げるのは無酸素運動:筋肉トレーニングなどが効果的と言われています。

そして最後がきちんと睡眠をとることです。可能であれば睡眠は7.8時間はとるようにして、特に夜0時から朝6時は熟睡しているのがベストです。夜寝ている間に人の皮膚などの細胞は新陳代謝をするため、睡眠時間が短くなってしまうと、その分肌の新陳代謝の質が下がってしまいます。夜0時から朝6時というのは、この時間帯が人間の体内時計にあっていて、成長ホルモンが昼間に寝るよりも分泌されると言われているからです。

体質改善のプロセスについてのまとめ

最後に簡単に下記のとおり体質改善のプロセスについてまとめておきます。

1、アトピーの原因となる動物性タンパク質や白砂糖、お酒、加工食品などの過剰摂取など消化不良を起こしやすい食生活をやめる(水道水に含まれる塩素も腸内細菌には毒となります)。

2、きちんと栄養素を吸収、また有害物質を排出できるよう腸内環境を整えるため、食物繊維、酵素を沢山摂る(腸にストレスをかけない生活をする)。また、胃腸を休ませ回復させるため、できるだけ寝る3時間前には夕食を済ませて、寝る前に何も食べない方がいいです。

3、炭水化物、脂質を必要最低限摂取しながら良質なタンパク質を摂る。 またこの3大栄養素をきちんと吸収、代謝されるためビタミン、ミネラルを必要な分きちんと摂取する。乾燥予防のため、ミネラルウォーターを飲むなど水分補給をしっかりとる

4、適度に運動をして新陳代謝、基礎代謝を上げる。

5、できるだけ睡眠は7.8時間はとる(特に夜0時から朝6時は熟睡)。

情報が多すぎて、アトピーを改善するために何からやればいいかわからなければ、まずは私が実際やったことをまとめたレポート、ぜひ読んだ方がいいと思います(無料です)。