アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>ステロイド剤を使う際の注意点

ステロイド剤を使う際の注意点

私は赤ちゃんの頃アトピー性皮膚炎を発症して以来、色々な病院で治療をしてきましたが、ほとんどの病院でこのストロイド剤を処方されました。

小さい頃の私は、何も知識がないので、このステロイド剤を塗ることがアトピー性皮膚炎を治すことだと大きな勘違いをしていました。

先にはっきりお伝えしたいのが、このステロイド剤はアトピー性皮膚炎を治すものではなく、あくまで炎症を抑えるものですので、一般的な湿疹やかぶれなどを治すことには有用ですが、アトピー性皮膚炎を治すものではありません。

副作用よりも危険なこと

よくステロイド剤は長期間使用しなければ副作用はないと聞きますが、副作用以上に危険なことがあります。

それは、私もそうでしたが、ステロイド剤でかゆみを無理矢理押さえ込み、かゆみの本当の原因に目を向けないことです。私はアトピーになってからの二十数年間病院に行くたびにずっとこのストロイド剤を処方されていました。

そして、病院で処方されるステロイド剤などの薬を塗っていればアトピーはいずれ治ると大きな勘違いをして、アトピーとちゃんと向き合うことをしてきませんでした。

確かにこのステロイドはかきむしってしまったあと炎症になった時に一時的に使用することは非常に有用です。

しかし、このステロイド剤を治療薬だと思い、長期間使用し続けて、アトピーの原因から目を背け続けることは非常に危険なことだと思います。

ステロイド剤でかゆみを無理やり抑え込み続けるという考えは出来るだけ早い段階で卒業し、かゆみの原因にしっかりと目を向けて、原因の元を治すことこそ本当の治療だと思います。

ステロイド剤治療ではなく、私が実際アトピーを改善、克服するためにやったことをまとめたレポート、ぜひコレを読んだ方がいいと思います(無料です)。

関連記事

どんな時に薬(ステロイド剤など)で治療するか?・・・ステロイド剤を含めた薬は、どのような時に利用し、治療すれば良いか等まとめています。

ステロイドを使った治療について・・・アトピーを治療して行く際、どうしてもステロイドは怖いというイメージがありますが、 使用する目的、またアトピーを治療する際の位置づけをしっかりと理解していることが大事だと思います。

保湿などのスキンケアは予防、ステロイドは治療という考え方・・・皮膚が炎症した時に有用な外用薬治療と、炎症を起こさないよう予防する保湿などスキンケアの考え方について。 また肌のケアだけではアトピーを改善できない理由についてまとめました

アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと・・・『脱ステロイド』何も知らずに始めるのは非常に危険です。 アトピー性皮膚炎の方が脱ステを目指す前に知っておいて欲しいことについてまとめました