アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>ステロイド剤を使う際の注意点>アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと

アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと

アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと もしあなたがアトピーの治療のために脱ステロイドを目指しているのでしたら、この記事は是非最後まで読んで下さい。

脱ステロイド治療という考え方は、薬に頼らず自分でアトピーを治すという考えとしては非常にすばらしいと思いますし、実際ステロイド外用薬を必要以上に使い続けることは私もよくないと思います。

真実かは別としても、ステロイド外用薬を使用することによる副作用などの悪い噂も聞こえてきますし、実際ステロイド外用薬はアトピーを根本的に治すものでもありません。

しかし、ステロイド外用薬は皮膚が炎症している時には非常に有用ですし、使い方を間違えなければアトピーを治療していく上で便利なものです。

まずは、ご自身のアトピーの肌の状況を考えながら脱ステロイドに臨んでいくことが非常に大事だと思います。

私は脱ステロイドを全く意識せずにアトピーを治しました。

アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと

私自身ステロイド外用薬、プロトピック軟膏、その他薬の服用など大抵の薬は小さい頃から利用していました。

確かにステロイド外用薬やプロトピック軟膏などを塗り続けることには抵抗がありましたし、実際服用した薬のせいで顔がパンパンに張れたこともあります。

しかし、私がアトピーを本気で治そうと思い、勉強と実践でアトピーを治療をしていく上で、特別薬が悪いというよりは、自分の食生活や環境など日々の実生活が原因であることがわかってきたため、炎症がひどい時などはステロイド外用薬を使っていました。

脱ステロイド治療をする前に知っておいてほしいこと

アトピーの方が脱ステロイドを目指す前に読んでほしいこと アトピーでステロイド外用薬や薬の服用の必要がある理由は、まずご自身がアトピーと診断されたことに始まります。言い換えるならば、ここがアトピーのスタート地点です。

当たり前の話をして申し訳ありませんが、そもそもご自身がアトピーで炎症やかゆみが辛い状況だったので、薬が処方されているのです。

それを突然この薬の利用をやめれば、ただアトピーと診断されたスタート地点に戻っただけ、むしろそれより悪い状況になっているかもしれません。

 

私はステロイドをやめようと思ってやめたわけではありません。

アトピーが治ったので、ステロイドを使用する必要がなくなったのです。

 

ここが非常に重要なので、是非今一度確認してみて下さい。

アトピーと診断されたスタート地点とご自身の今の状況、すなわち食生活や環境、生活習慣が同じであればアトピーは当然治りません。

ここを改善せずに、脱ステロイド治療がまるで画期的な治療のように考える方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

ご自身の食生活、環境など生活習慣を改善していくことで初めてアトピーの治療が始まるのです。

薬に頼らず自分自身で治すという意味では脱ステロイド治療は素晴らしい考えだと思います。

でも順番を間違えないで下さい。

ご自身の食生活や環境、生活習慣を改善していき、アトピーが少しづつでも改善していけば、必然的に病院から処方されるステロイド外用薬の量や強さ、期間は低下していきます。

『今日から頑張る!』と決意することは良い考えですが、いきなりステロイドを絶つ必要はないと思います。

それよりも、現在アトピーが悪化している原因であるご自身の食生活、環境、生活習慣に今一度目を向けて、改善していくことの方が先だと思います。

詳しい改善方法については当サイトの最も重要な3つのポイント(体質改善、環境、ケア)をご参照下さい。

脱ステロイドを目指し、薬に頼らないで治していきたいのであれば、体を治す力=免疫力を高める、またアレルゲンが発生しやすい環境を改善していく、そして肌の状況が良くなっていく過程で、徐々にステロイド外用薬など薬の量が減っていくことが理想だと思います。

具体的にアトピーを改善させた方法を知りたい方は、まとめたレポートがあるので、こちらを読ん下さい(無料です)。