アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピーの原因について>アトピー性皮膚炎の悪化原因になりうるカビについて

アトピー性皮膚炎の悪化原因になりうるカビについて

アトピー治療の際、薬の使用量を間違えないようにする 私の実家はコンクリートのマンションなのですが、私が過ごしていた部屋が北側で、日光が全く入らず、風通しもあまり良くなかったため、カビが非常に発生しやすい状態でした。

こまめに掃除や換気などしていたのですが、それでも部屋の性質上の問題かわかりませんが、この部屋で過ごしている間が一番アトピーがひどかったように思います。

私が子供の頃は今ほど除湿機や空気清浄器も色々な種類がありませんでしたし、カビについての知識も私自身不足していたので、今回の記事ではこのカビの対策方法などについてお伝えさせて頂きます。

カビとアレルギー、アトピー性皮膚炎との関係について

アトピー治療の際、薬の使用量を間違えないようにする

カビが気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の湿疹などに大きく関わりを持っているということは、すでにご存じの方も多いと思います。

カビは壁などに発生して、菌糸をのばして胞子を空気中に飛ばします。

この胞子を吸い込むことでアレルギーになるので、このカビが原因でアトピー性皮膚炎を悪化させている場合は、いくら肌のスキンケアをしても効果がないということがわかると思います(肌から入ってくる悪化因子には効果的です)。

たまに浴室にもカビが生えることがあると思いますが、浴室だから大丈夫と思っていると大間違いです。

カビの胞子は浴室のドアを閉めても居間まで飛んできてしまいます。

カビが原因でアレルギーを発症している場合は、旅行に出てしばらく家から離れたら症状が良くなることがあるので、心当たりがある方は、カビ対策をしっかりして下さい。

カビ対策:すでに発生しているカビを除去する方法

アトピー治療の際、薬の使用量を間違えないようにする では実際カビを発生させないためにはどうすればいいか具体的に考えていきます。

まず最初にやるべきことは、現在カビが発生しているようでしたら、そのカビを除去することです。

カビを除去するにはまず準備段階が大切です。 窓を開けて換気をして、風邪通しを良くした上で、カビを吸い込まないようマスクをします。

準備をしたら室内の軽いカビには住宅用中性洗剤を、壁や隅などにこびりついた黒し壁には70~80%程度に薄めてあるエタノールを霧吹きでカビている所に吹き付けます(この他市販のカビ取り剤などの使用は説明書どおりに行って下さい)。

吹き付けた後はすぐに拭き取らず、できれば翌日に拭き取って下さい。 (塩素系の製品は酸性の製品と一緒に使ってしまうと有毒ガスが発生してしまい危険ですので、必ず単品で使って下さい)

カビ対策:カビを発生させないためにはどうすればいいか?

カビを発生させないためには以下のとおり3つの大きなポイントがあります。

 

・換気をこまめにして空気の循環を良くすること。

・湿度を下げること。

・清潔にすること。

 

この理由としては、カビは結露ができやすいところ、また空気がたまりやすいところに繁殖しやすいと言われているからです。

では実際カビ対策をどうすればいいか考えていきます。

まず空気の循環を良くするため、また湿気を外に逃がすために、こまめに換気する必要があります。 カビが発生しやすい北側には大きな家具などは置かないようにして、家具は壁にピッタリとつけず、5cm程の隙間を作る様にして下さい。

また、湿度を下げるために除湿機や吸湿剤を置いたりするといいと思います。 吸湿剤は押入れに置くと効果的です。

浴室はご存じのとおり大量の水蒸気が発生するので、浴室を出た後は換気扇をしばらくつけっぱなしにして、湿気を外に逃がします。 更に、朝浴室のドアを開けて乾燥させて下さい。 (石鹸のカスやシャンプーはカビの餌になるので、入浴後はシャワーで流して下さい)

最後に清潔を保つための掃除ですが、カビは食べかすや石鹸のカスなどの餌がある場所を好むので、こまめに掃除することが必要です。 掃除する際は物をどかしながらやると空気の入れ替えにもなって一石二鳥だと思います。

 

以上が簡単なカビ対策になりますが、私の実家の部屋のように、あまりにカビが発生しやすい部屋などの場合は、引越しをするか、部屋を変えるなどすることも検討しても良いと思います。

別の記事でもお伝えしましたが、どんなに対策したとしても、目に見えないその家、その部屋特有の問題がある場合がありますので、その点は注意して下さい。 (壁と壁の間にある断熱材や建物の木材が腐っていてそこにカビが発生しているなど)

カビ対策以外にも、私が実際アトピーを改善させた方法をまとめたレポート、これはもぜひ読んだ方がいいと思います(無料です)。