アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>薬とアトピーの関係について >アトピー治療の際、薬の使用量を間違えないようにする

アトピー治療の際、薬の使用量を間違えないようにする

私もそうでしたが、アトピーの治療の際、できるだけステロイド外用薬は使いたくない、内服薬を飲みたくない、できるだけ早めに薬の使用を辞めたいと思われる方は多いのではないでしょうか。

お医者さんには副作用がない、あったとしても大して影響もないと言われても、どうしても薬を使用し続けるということに抵抗がありました。

しかし、こういった気持ちが逆に薬の長期使用に結びついてしまっていることが多々あるため、今回の記事ではこういった注意点についてお伝えしたいと思います。

薬の長期使用につながってしまうケース

まず一番あるケースですが、病院で処方される薬をお医者さんの指示した使用期間、使用量を守らず、ちょっと炎症やかゆみが良くなってきたからといってステロイド外用薬の使用を自分の意志で辞めてしまうケースです。

私も実際何度も経験がありましたが、これをやってしまうと、皮膚の炎症が完全に治っていないので、また悪化してしまいます。

また、もう一つあるケースとしては、あまり強いステロイド外用薬を使用したくないという気持ちから、現在の自分の皮膚の炎症度合など考えず、自分の判断で弱いステロイド外用薬を使用してしまうことです。

これはそもそも自分の現在の症状に合わせた薬ではないので、症状に合わない薬をずっと使うことになってしまい、良くなるどころか、結果的に長期間だらだらと使用してしまうことになります。

非ステロイド軟膏についても同じです。 ステロイド剤でなければ安心という気持ちから、長期的に使用してしまうと、アトピーの症状を悪化させてしまうことがあるので、『弱いから安心』、『ステロイドじゃないから安心』という間違った判断はやめましょう。

弱いから長く使っても安心という気持ちが、結果的に薬の長期使用につながってしまうので注意が必要です。

特にアトピーのお子さんがいる親御さんは、必ずお医者さんの指示通りに薬を使用して下さい。

お子さんのためを思い、出来るだけ薬を使用したくないという気持ちはわかりますが、結果的に長期使用につながってしまっては、より副作用を起こしてしまう可能性が高くなってしまいますので、お医者さんの指示をしっかり守って使用して下さい。

薬は炎症、かゆみを抑えるもので、アトピーを治すのは自分の日々の生活である

アトピーを治療する際、お医者さんの指示通り薬を使用していればアトピーが治るかというと、薬は炎症、かゆみを抑えるものであって、アトピーを治すものではありません。

この事実を知った上で、薬治療と並行して自分の日々の生活を改善していく必要があります。

アトピーが劇的に治るという薬があるならば、そもそもこんなにも多くの方がアトピーで苦しむことはないと思いますので、薬でアトピーを治すという考えよりも、自分の生活(食生活や環境など)を改善していくことがアトピーを治す一番の近道です。

薬を使用したくない、もっと弱い薬にしたいという気持ちが強いのであれば、尚更自分自身の生活に目を向けるべきです。

脱ステや脱保湿を目指す考えは素晴らしいですが、一気に薬を絶つことよりも、自分の生活でアトピーを悪化させている原因はないか?アトピーを改善されるためには自分の生活をどのように変えれば良いか?と考えることが一番大事だと思います。

そうして生活していけば、私と同じように自ずと薬を使用する必要がない生活を送れると思います。

薬が処方されているということは、炎症を抑えなければアトピーがもっと悪化してしまう可能性があるからです。

薬が処方されているうちはお医者さんの指示どおりの使用量、使用期間を守って薬を使用しましょう。

お医者さんも好きで薬を処方しているわけではありません。 アトピーの症状、経過によって薬の強さや期間の加減を決めているので、 薬が処方されたら必ず使用量、使用期間はお医者さんの指示に従いましょう。

生活を改善させるためにも、まずは私が実際アトピーを改善させた方法をまとめたレポート、これはぜひ読んだ方がいいと思います(無料です)。