アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピー肌に合う化粧水の選び方

アトピー肌に合う化粧水の選び方

男性の方に保湿剤と化粧水は違うのですか?とよく聞かれるのですが、

簡単に言うと、保湿剤はお肌にフタをしてあげるもの(肌表面のバリア機能を守るもの)で、化粧水は肌に水分を与える(失われた角質の水分を補うの)ことが目的となります。

良く見かける保湿化粧水というものは、この両方の機能を兼ね備えたものになりますが、実際は色々な種類のものがありますので、一概に保湿剤はこう、化粧水はこうだということはできません。

ただ、保湿機能のない化粧水は、外側にバリアがない状態となってしまいますので、お肌の水分が蒸発して、お肌がまた乾燥してしまいますので、化粧水を塗った後に保湿剤をつけてあげる方がよいと思います。

アトピーの方の化粧水を選びのポイント

ではアトピーの方はどのような化粧水がいいのでしょうか?

アトピーの方は敏感肌のため、一般的に使用されている保湿剤の中でも、低刺激のものを選んだ方が良いです。

ちなみに私が現在使っている保湿化粧水ですが、植物エキスと天然保湿成分が配合されているものを使用しています。

以前、保湿剤によく使用されている界面活性剤が入っているタイプのものを試したのですが、自分にはあまり合わなかったので、現在は界面活性剤が入っていないタイプのものを選んでいます。

これまで私も色々な保湿化粧水や保湿剤、化粧水など試してきましたが、やはり色々自分で試して自分に合う物を見つけるのがベストだと思います。

化粧水で肌の乾燥を防ぐだけではダメ

ただ、保湿のところでも説明させて頂きましたが、アトピーの場合は、乾燥肌にプラスしてアレルギー体質であることも原因なので、保湿や化粧水だけでアトピーを治すことは難しいと思います(私は無理でした)。

アトピーの方がする保湿はあくまで肌から入ってくる刺激物に対してバリアするためにするものなので、アトピーの原因が肌からでない口などから入ってくるハウスダストのようなアレルゲンには対応できませんので、このことをきちんと理解しておく必要があると思います。

私がそうだったのですが、目の前の皮膚が痒いので、皮膚に対して直接何か対処することばかりを考え、ステロイド剤や化粧水など、色々試したのですが、結局アトピーの原因をしっかり理解して対処しなければアトピーはなかなか改善しません。

インターネットを開いていると、よくこの化粧水を塗ってアトピーが改善したなどの広告を目にしますが、確かに改善する方もいるのかもしれませんが、もしアトピーの原因が肌から入る刺激物ではなくて、口から入るアレルゲンが原因だとしたら、肌に塗る化粧水で対応できるのでしょうか?

私も肌が乾燥する時は保湿化粧水を使っていますが、これはあくまで肌の乾燥を防ぐためです。

アトピーを治すには、保湿ももちろん大事ですが、まずは原因をちゃんと理解して、治していくことが大事です。

実際肌に合う化粧水を含め、私がアトピーを改善、克服するためにやったことをまとめたレポート、ぜひ読んでみて下さい(無料です)。

関連記事

アトピーの方は、使う化粧品(保湿化粧水など)には注意が必要・・・アトピーの方は敏感肌で、乾燥肌にプラスしてアレルギー体質ですので、化粧品のように肌に塗るものには特に注意が必要です。