アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピーの原因とは>アトピーかゆみの悪循環に陥る原因、また改善する方法

アトピーかゆみの悪循環に陥る原因、また改善する方法

アトピーかゆみの悪循環に陥る原因、また改善する方法

アトピーの一番の特徴である『かゆみ』、本当に辛いですよね。

病院でアトピー性皮膚炎を診断する際、このかゆみがあるかないかが判断基準の第一条件にあるそうです。

そもそもアトピーで処方される飲み薬などはこのかゆみを抑えるために出されていることが多いです。

ステロイド外用薬も炎症を抑えてかゆみを防ぐ効果があります。

まずはかゆみのメカニズムを知ろう

アトピーかゆみの悪循環に陥る原因、また改善する方法

アトピーの方であればご存じだと思いますが、最初は少しのかゆみだったものが、指や爪でひっかいていくうちに、更にどんどんかゆくなり、またかゆい範囲も広がっていきます。

これは皮膚のバリア機能を爪などで壊してしまうことにより、皮膚表面からより多くのアレルゲン(ダニ、カビ、洗剤など)が入り込み、ますますかゆみが増していってしまうことが大きな原因です。

かけばかくほど皮膚の炎症が広がってしまうので、かゆさがどんどん増してしまう、かゆみの悪循環となってしまいます。 (これにプラスして精神的なストレスや睡眠不足など色々な原因も加わったり、またかくこと自体がクセになってしまったりと、更に悪循環がプラスされます。 )

また、更にやっかいなことに、皮膚の下にあるかゆみを感じる神経は、かゆみなどの刺激を与えなければ枝のように伸びていきませんが、かゆいからといってかいてしまうと、かゆみを感じる神経がどんどん伸びていってしまい、かゆみを更にもっと強く感じてしまいます。

かゆみの悪循環を対策するにはどうすればいいか?

アトピーかゆみの悪循環に陥る原因、また改善する方法 ベースとして当サイトの体質改善、環境を対策することが一番大事ですが、 まず最初は皮膚表面の問題にスポットを当ててお話させて頂きます。

アトピーのかゆみについては、最初にちょっとかゆい程度の状況から始まることが多いと思います。

まずこのような早い段階であれば、スキンケアで治まることが多いです。 (また、かゆみを発生させないためにも、日々保湿化粧水などで皮膚のバリア機能を守り、アレルゲンの侵入を防ぐことも大事です)

かゆいからと沢山かいてしまい、皮膚のバリア機能が壊れてしまった時は、スキンケアに加えて薬による治療を加えた方が効率良くかゆみを抑えることができると思います。

そして、ここできちんと対処せずに、更に皮膚をかいてしまうと、バリア機能はめちゃくちゃに壊れた状態となってしまうので、炎症がひどくなり、じくじくした状態になってしまいます。

こうなってしまってはステロイド外用薬などで炎症を抑えるなどの必要があります。

このように、皮膚の段階に応じでスキンケアをすることがこの悪循環からできるだけ早い段階で抜け出すチャンスとなるので、その時その時の肌の状況に応じた正しいスキンケアを心がけることが大切です。

肌の状態や進行などは個人差があるので、かかりつけの病院があるようでしたら、担当のお医者さんに、皮膚がどのような状態になったら保湿剤がいいのか?またステロイド外用薬を使ったらよいかを常にチェックしておいた方が良いと思います。

 

以上の話は皮膚表面についてのお話でしたが、ここからは体内でのアレルゲンの侵入についてお話します。

先にお伝えした皮膚表面から侵入してくるアレルゲンですが、これが口から侵入してきて、体内でアレルギー反応を起こしてかゆみにつながっている場合は、皮膚表面でいくらスキンケアをしても対処はできません。

口から入ってくるアレルゲンに対処するには、このサイトでお知らせしている体質改善は必要不可欠です。

体質改善することでアレルゲンの体内でのアレルギー反応を減らし、また免疫力を高めることで肌のバリア機能を向上されるのです。

 

この体質改善と正しいスキンケアをすることで、アレルゲンから自分の体を守る、つまりかゆみの悪循環から少しづつ抜け出していくことができると思います。 (これにプラスして、アレルゲンの発生を抑える環境作りも必ず行って下さい)

かゆいからと言って皮膚にばかり目がいく方が多いですが、口から侵入するアレルゲンでアレルギー反応を起こしている場合は、いくら皮膚ばかりケアしてもかゆみを改善することはできません。

確かにアトピーの方の肌はバリア機能が低下しやすく、敏感肌で乾燥しやすいなど肌自体が非常に弱いです。

だからこそご自身の免疫力を高め、皮膚のバリア機能やアレルギー反応しにくい体作りをしていく必要があると思います。

かゆみの原因を理解した上で私がアトピーを改善、克服するために実際やったことをまとめたレポート、まずはコレを読んだ方がいいと思います(無料です)。