アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>保湿でアトピー肌をケアする>保湿などのスキンケアは予防、ステロイドは治療という考え方

保湿などのスキンケアは予防、ステロイドは治療という考え方

これまで何度かお伝えしたとおり、ステロイドは皮膚が炎症した時などアトピー性皮膚炎の治療の際には非常に有用です。

ただ、絶対に副作用がないということはないですし、根本的にアトピー性皮膚炎を治すものではないので、あくまで治療の際有用という考えでいた方が良いと思います。

では保湿などのスキンケアはどうかというと、こちらは皮膚が炎症している時には炎症を治療することが難しいですが、日々の乾燥した肌をケアすることができるので、どちらかというと、炎症を起こさないようにする予防という概念が正しいと思います。

保湿などスキンケアによる予防が必要な理由

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、保湿因子のセラミド含有量が低下しているため、水分を保持できないため非常に乾燥しやすい状態です。

皮膚は乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまうため、外からの刺激の影響を受けやすくなります。 外から刺激を受けてしまえば当然かゆみにつながってしまいますので、

このような状態にならないために、保湿などスキンケアによる予防が必要なのです。

詳しく言いますと、保湿剤はお肌にフタをして、肌表面のバリア機能を守ることができますし、これにプラスして化粧水で肌に水分を与えることで失われた角質の水分を補うことができるので、肌を外からの刺激からバリアすることが可能になります。

ステロイドによる治療、スキンケアによる予防と同時にするべきこと

すでに皮膚炎など肌が炎症してしまった場合などは、治療としてステロイドが非常に有用ですが、このような炎症を起こさせないための予防としてスキンケアが大事だと思います。

アトピー性皮膚炎の方の肌はとにかく非常に乾燥しやすい状態なので、 保湿などのスキンケアにより、肌を健康な状態に保ち、外からの刺激の影響をうけないようにすることが非常に重要です。

ただ、当サイトで何度も繰り返しお伝えしていますが、アトピーを改善したいのであれば、上記のように皮膚に対してだけアクションしていても中々改善していくことは難しいです。

なぜならば、アトピーの悪化因子は皮膚からだけ入ってくるわけではなく、呼吸として口の中から入ってくることも当然あります。

具体的にはアトピーの悪化因子であるハウスダストやダニなどは肌を通してからだけでなく、口からも体内に入ってくることがあるからです。

だからこそ当サイトでもおススメしている、『体質改善』、『環境』、『ケア』の3つを同時に行うことが非常に重要だと思います。

アトピーの原因は1つではありません。色々な問題が混ざり合ってアトピー性皮膚炎をつくりだしています。

私もそうでしたが、アトピーの方はどうしても皮膚にばかり目がいってしまいます。 皮膚の病気ですのでこれは当然のことだと思います。

しかしそもそも体を治そうとする力=免疫物質は腸に80%近くあるという事実でお分かり頂ける通り、体を治す力は皮膚だけでなく、体内にあるということにもう少し目を向けてみると、アトピーに対して視野が広がると思います。

まずは、私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。