アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>赤ちゃんにできるアトピー>赤ちゃん(子供)の湿疹はアトピーか?何科で診てもらうか?

赤ちゃん(子供)の湿疹はアトピーか?何科で診てもらうか?

私の息子もそうでしたが、赤ちゃんの頃などはちょっとしたことで肌に赤みがでたり、湿疹のようなものがでたりすることってありますよね? こんな時皆さんはお子さんを病院の何科で診てもらっていますか?

もちろん良くしてもらっている行きつけの病院、先生がいる方は心強いですが、皆が皆そういうわけではないと思います。 大人であれば肌のトラブルであれば基本的には皮膚科に行くと思うのですが、子供の頃は小児科があるので、皮膚科、小児科のどちらで診ればよいか悩むことが多いと思います。

子供の湿疹は小児科、皮膚科のどちらで診てもらうか

まず小児科と皮膚科の違いを見てみましょう。 小児科はご存知のとおり、風邪や喘息など子供がかかる病気を幅広く診ています。

つまり、幅広い病気に対して診てもらえる大きな利点があると同時に、皮膚科のように一つの専門科というわけではないため、命にかかわるような思い病気などに神経を日々使っている先生が、皮膚の診療で同じように神経を使って診ることは中々難しいのではないかと個人的に思います(もちろん皮膚科の先生と同じように神経を使ってくれる小児科の先生はいるとは思いますが)。

また、湿疹に対して薬を処方することになり、ステロイド剤のような外用薬を処方する際についても、ステロイド剤を実際に使用した経験や頻度についても小児科の方が皮膚科より少ないと思います。

特にステロイド剤は処方する医者の知識、経験がなければ実際使用するべきケース、また使用量についても間違いが生じてしまう可能性があります。 このことを考えると、個人的には赤ちゃんや子供の湿疹については、専門の皮膚科で診てもらった方が良いように思います。

病院で診てもらう際気を付けること

では皮膚科で診てもらえばすべて解決か?というとそうことではないと思います。 そもそもアトピーではないのに、色々説明することが面倒であったり、ちゃんと診察しないような先生だと、湿疹であればすぐアトピー性皮膚炎と診断するお医者さんもいるそうです。

また、ステロイド剤などの外用薬を処方された際は、使用頻度、またいつまで使えば良いかなど細かく説明してくれる先生がいる病院が良いと思います。 ステロイド剤による治療は途中で中途半端に辞めてしまうと、また同じように炎症の悪化などを繰り返してしまうので、病院選びもこのような点でも注意が必要です。

病院での治療以外に考えるべきこと

このサイトで何度も繰り返しになりますが、私自身は病院でステロイド剤の治療、また必要な時は内服薬を使用した治療を20年以上続けた経験があります。 また、通った病院も多数あります。 しかし、どの病院で治療しても完治することはありませんでした。

病院でのステロイド剤などの外用薬治療などは炎症がひどい時などには非常に効果的です。 しかし、無理やりかゆみを抑え込み続けても、アトピーの根本的な原因を解決していかなければ、私のようにずっと同じように苦しみ続けることになってしまうかもしれません。

病院での通院、治療をしながら、是非とも当サイトでお伝えしている最も重要な3つのポイントも一緒に行っていってみて下さい。

また、私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。