アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピーを改善させる方法>アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

アトピーを改善させるためには、まずは生活の基本となる衣・食・住が、アレルギーを寄せ付けない環境になっているかが非常に重要です。

『衣』は身に着ける洋服の素材、また洋服を洗った時の洗剤などについて。

『食』は、日々の食生活、また口の中に入る可能性がある歯磨き粉や食器洗剤などについて。

『住』は生活している空間にあるソファー、ベット、カーペット、空調などについて。

簡単にざっとあげただけでも、衣・食・住の中にアレルゲンとなりうる可能性があるものが沢山三存在することがわかると思います。

それでは、衣・食・住それぞれ具体的に見直すべき点について考えてみましょう。

かゆみにつながってしまう衣類の素材について。

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

アトピーの方だけでなく、肌が弱い方であればウールのようにチクチクする素材や、麻素材のようにザラザラするような素材に肌が触れることでかゆくなったりするような経験があると思います。

これは服の素材やつなぎ目などが肌にすれることで刺激になり、かゆみにつながってしまうことが原因です。

こうならないためにも、基本的には天然素材で肌触りがよく、発汗性がよい素材のものを選ぶのがベストです。

ただ、そうはいってもおしゃれのため着たいと思う服がすべてそのような素材のはずはありません。

そこでそのような時の対処方法として、例えば私の場合は、ウール素材のタートルネックを着たければ、ウールの素材が直接肌に触れないよう、中に肌触りの良い生地のシャツを着て、通常首に触れてしまうタートルネックの首回りをシャツの襟で隠して着ています。

私はこの方法にしてから、苦手だったタートルネックのセーターを着れるようになりました。

このようにして、肌に触れてかゆみにつながるような素材の服を着る場合は、その中に肌触りの良い、自分の肌にあった服を着て、できるだけ肌に合わない素材が皮膚に触れないように工夫すると良いと思います。

直接肌に触れる服、下着は、できる限り刺激が少ない、自分の肌に合ったものを選ぶことが非常に大事です。

衣類の洗濯、収納にも注意が必要です

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

まず洗濯についてですが、洗濯する際使用する洗濯洗剤、柔軟剤の成分が衣類に残らないように、十分すすぎをすることが大事です。

基本的に洗剤に記載されている使用料を守れば問題ないと思いますが、洗濯洗剤が原因でアトピーがひどくなっている方は事実いらっしゃいますので、洗剤の成分が衣類に残らないように十分注意して下さい。

 

また、洗濯の際もう一つ注意してほしいことは、洗濯機の洗濯層内部に繁殖する可能性がある『カビ』です。

このカビの発生を抑えるには、洗濯機のフタをあけて洗濯層内部を乾燥させたり、時々カビ取りができる洗濯層クリーナーで掃除をすると良いと思います。

 

最後に衣類を収納する際ですが、防虫剤を使用する場合は注意をして下さい。

この防虫剤が原因でアトピーが悪化する可能性もありますので、長期間しまっておいた服は必ず洗濯してから着るようにすると良いと思います。

食生活、また口に含む可能性があるものを見直す

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

日々の食事、食生活がアトピーを改善する上でとても大事ということは、このサイトで何度もお伝えしているので、食生活の具体的な問題点、改善方法については、当サイトの体質改善を見直してみて下さい。

この体質改善の他に注意する点としては、口に入る可能性があるものには注意するということです。

例えば歯磨き粉。

歯磨きの際歯磨き粉は体内に入ってきますので、歯磨き粉の成分には注意が必要です。

歯磨き粉には、合成界面活性剤が入っていることがあるので、これが原因でアトピーを悪化させている可能性があることも否定できません。

そのため、歯磨き粉はできるだけ天然素材のものを選んだ方が良いですし、できるだけ体内に入れないよう努めた方が良いと思います。

 

この他に体内に入る可能性があるものとしては、食器洗剤です。

食器洗剤も歯磨き粉と同じく合成界面活性剤が含まれているものが多いので、食器を洗った後、すすぎ切れず食器に洗剤の成分が残ってしまうと、食べ物と一緒に口の中に入ってきてしまうので、これも歯磨き粉と同じようにアトピーを悪化させてしまう原因になりえます。

歯磨き粉同様、食器洗剤はできるだけ天然素材のものを選んで、食器洗剤の成分を食器に残らないよう、しっかり水ですすぎ洗いすることが大事です。

以上のように、口に入るものには十分注意して生活することが重要です。

住空間で発生するアレルゲンに注意して、日々対策する

アトピー改善ため、まずは基本の衣・食・住を見直してみる

普段生活している住空間で発生するアレルゲンには様々なものがあります。

カビ、ダニ、これらや埃を含むハウスダストなどです。

アレルゲンの発生しやすい環境等については、当サイトの環境にて詳しく説明しているので、こちらの記事をよく読んで頂ければと思います。

ここでは、その中でも普段の掃除についてお伝えします。 以前カビの記事でお伝えしましたが、普段から換気することは非常に大事です。

掃除をする時も同じで、いきなり掃除機で掃除してしまうと、埃などが舞い上がってしまうので、必ず窓を開けて換気した上で掃除して下さい。

特に寝室は毎日換気、掃除はした方が良いと思います。

この他カビなどが繁殖しそうな湿気が多い洗面所などは、換気、掃除を心掛けた方が良いと思います。

 

以上のように、アレルゲンが衣・食・住の中に身近に潜んでいることを忘れずに、毎日意識して生活することが大事だと思います。

衣食住の見直し以外にも、私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。