アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>自分に合う化粧品を選びましょう

自分に合う化粧品を選びましょう

女性の方は特に化粧品は毎日使っていることが多いと思いますので、直接皮膚に触れるものだけに、気を使っていると思います。

アトピーの方は敏感肌の方が多いので、一般的に出回っている商品の中でも、低刺激のものを選んだ方が良いです。

私が現在使っている保湿化粧水は植物エキスと天然保湿成分が配合されているものですが、

以前、保湿剤によく使用されている界面活性剤が入っているタイプのものを試したのですが、自分にはあまり合わなかったので、現在は界面活性剤が入っていないタイプのものを選んでいます。

これまで私も色々な保湿化粧水や保湿剤、化粧水など試してきましたが、やはり色々自分で試して自分に合う物を見つけるのがベストだと思います。

保湿化粧水などで外部物質の侵入を防ぐ

アトピーの方は特に肌のバリア機能が弱い方が多いため、乾燥する時期は特に肌が乾燥してかさかさになりかゆくなることが多いです。

この原因は、肌のバリア機能が壊れることにより、肌表面がスカスカになってしまい、その開いた隙間に外部物質が侵入し、これが刺激になりかゆみにつながります。これを防ぐため、保湿化粧水で肌に水分を与え、肌表面にフタをしてあげて、外部物質が侵入してこないようにします。

これで外からの刺激を抑え、かゆみを抑えることにつなげることができるのですが、アトピーの場合は、乾燥肌にプラスしてアレルギー体質であることも原因なので、肌からでない口などから入ってくるハウスダストのようなアレルゲンには対応できませんので、このことをきちんと理解しておく必要があると思います。

アトピーの方が選んだ方が良い化粧品のポイント

あくまで保湿化粧水で対処するアトピーのケアは、肌の外から入ってくる外部物質の侵入を防ぎ、肌の水分を保つことを目的にしています。 このことを考えますと、アトピーの方が選んだ方が良い化粧品は以下のようなタイプのものが良いと思います。

●低刺激なもの。具体的には合成界面活性剤などの合成成分が含まれていない物。

●植物原料や天然成分のものを選ぶ。

●保湿機能に加え、肌の水分を補う効果がある保湿化粧水を選ぶ。

代表的な成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、まず一番大事なことは先に記載した低刺激のものを選ぶことですので、これらの成分が沢山入っているからといって、肌を刺激するような化粧水はやめた方が良いと思います。

●実際に自分で使用して自分の肌に合うかどうかテストする。

自分に合う化粧品を見つけたら次のステップ、私がアトピーを改善するために実際やったことをまとめたレポート、ぜひ読んだ方がいいと思います(無料です)。

関連記事

アトピーの方は、使う化粧品(保湿化粧水など)には注意が必要・・・アトピーの方は敏感肌で、乾燥肌にプラスしてアレルギー体質ですので、化粧品のように肌に塗るものには特に注意が必要です。

顔にできるアトピーには注意が必要です(化粧品は?)。・・・顔にできるアトピーについて注意すること、また化粧品は使っても大丈夫か?などについてまとめています。

アトピー性皮膚炎の方のお化粧(メイク)について・・・アトピー性皮膚炎の方がお化粧(メイク)する際に注意する点、またメイクすることで精神的にプラスになれる点などについてまとめました