アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピー原因>アトピー原因(赤ちゃん~子供~思春期~大人)

アトピー原因(赤ちゃん~子供~思春期~大人)

ここではアトピーの原因が赤ちゃん、子供から大人まで年齢ごとに違うのか? また、アトピーの原因について詳しく解説します。

私もそうでしたが、小児科などのアレルギー検査で食物アレルギーの検査をすることがあると思うのですが、 実際アトピー性皮膚炎の原因として食物アレルギーはそれほど関係ありません (もちろん一部の人たちには関係がある可能性がありますので、その場合は注意が必要です)。

赤ちゃんや子供は消化器官が未発達なので、食べ物は十分に消化されない状態で体内で吸収されるので、 卵、牛乳、大豆などに対して陽性反応になることがあります。 しかし、年齢とともに消化器官が成長してくるので、これらの食べ物に対しての陽性率は低くなっていきます。このことから、実際に食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因になっている方は全体の数パーセント程度であると思われます。

アトピーの原因は年齢ごとにちがうのか?

最初に結論から言っていまうと、アトピー性皮膚炎の悪性因子(食物、ハウスダスト、ダニなど)は年齢ごとに多少違うとしても、 発症の原因はそれほど異なることはないと思います。 ただ、発症する年齢が異なることはあります。

通常アトピーは赤ちゃんの頃や子供の頃に発症して、その後成長するにつれて症状が軽くなっていくものでした。 しかし近年思春期から青年期、また大人になってからアトピー性皮膚炎を発症するケースが多くなってきました。 これは過去アレルギー性疾患を患ったことがあることや、遺伝的な要素が関係ある可能性があります。

アトピーの原因

『アトピーの原因とは』の記事でお伝えしたとおり、アトピーの原因としてリーキーガット症候群 (動物性タンパク質や白砂糖の過剰摂取など消化不良を起こしやすい食生活をしていたり、 幼い頃抗生剤などの薬をひんぱんに飲んでいたりすることで、小腸内の悪玉菌が出すアルカリ性物質により炎症を起こし、 通常小腸で吸収しないような大きな分子を吸収してしまう現象)が大きな原因の一つですので、 子供の頃からこの原因を意識して、しっかりと強い腸を作ること、また日々のケア、環境をしっかり意識して生活することが大事です。

特に幼少期は親御さんがお子様の食事、環境を管理することになると思いますので、 このサイトで最も重要な3つのポイント(体質改善、環境、ケア)を是非とも読んでみて下さい。

また、私が実際にアトピーを改善させるためにやったことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。