アトピー大学ツイッター

アトピーメルマガ講座

小冊子プレゼント

アトピー大学>アトピーの原因とは>食品添加物が アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に

食品添加物が アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に

食品添加物が アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に

食品添加物とは、食品の製造過程で加工や保存、防カビ、着色などの目的で食品に使用される化学物質のことです。

具体的には着色料、香料、野菜に使う漂白剤など多くの種類があります。

簡単に言えば、加工食品を安く作って長持ちさせるために使われているものです。

現実問題としては、大量生産して店頭まで運び、販売させるためにも、保存料や酸化防止剤を使わざるを得ない状況です。

どこでも簡単に食べ物が手に入るような現代のような環境は、食品添加物なしでは成り立たない、もはや身の回りからなくすことができないものとなっていることは事実です。

何故、食品添加物がアトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるのか?

食品添加物が アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に

食品添加物はもともと自然にない物質を化学的に作った物が多いので、すでに健康被害が確認されている物や、毒性があるものなどあり、使用量が制限されています。

これら単体で微量でも、色々な加工食品など食べているうちに、総合的にトータルで多量となるため、結果免疫のバランスがくずれてしまい、アレルギーを引き起こしてしまったり、アトピー性皮膚炎の悪化につながってしまうことがあるのです。

また、便秘の方などは特に注意してほしいのは、食べ物が体の中に残っていると、食品添加物のような化学物質が腸壁をずっと刺激し続けてしまう可能性があるため、 これが体になんらかの影響を及ぼしていることが考えられます。

便秘の方でアトピー性皮膚炎の方が多い理由の一つに、このような原因も考えられますので、便秘対策もしっかり行っておいた方が良いです。

アトピー性皮膚炎を悪化させないために 食品添加物をできるだけ避ける方法

食品添加物が アトピー性皮膚炎を悪化させる原因に 現代では食品添加物はかなりの割合で食品の中に含まれています。

日々の食事で全く口にしないというのは難しいかもしれませんが、日頃から意識してパッケージなどに記載されている原材料名などを見て理解するなど、食品添加物が入っている食品は極力買わないと決め、できるだけ添加物が少ない物を選ぶ努力が大切だと思います。

同じ品目の加工食品でも、中に含まる添加物の量等は異なるので、毎回買う前に含まれる添加物を確認するクセをつけることが非常に大事です。


外食する時については、出来るだけ素材の原型がわかるものを選ぶと良いと思います。

例えば肉料理を食べたければ、加工されたハンバーグよりもステーキを選ぶなど、素材があまり加工されていない物を選んだ方が良いです。

加工することで食品添加物が入る可能性は高くなるので、素材そのままの料理の方が、食品添加物が含まれる可能性は低くなります。


また、調理法も素材を生かした出来るだけシンプルなものが良いです。

調理の際あれこれ手を加えず、 焼いただけ、煮ただけ、蒸しただけなどシンプルな程安全だと思います。


以上のように、日々加工食品を買う時や食事に行くときなど常日頃食品添加物がどれだけ含まれているか興味を持ってチェックすることが大事です。

食べ物のパッケージを日頃見る癖をつけていくと、同じ商品でも食品添加物の入っている量が全然違うことに気付くと思います。

現代のように欲しいものは何でもすぐに手に入る便利な時代だからこそ、安心安全なものを選ぶ習慣を身につけていきたいですね。

この他アトピーを改善させるために必要なことをまとめたレポート、ぜひこれも読んだ方がいいと思います(無料です)。